私のDXCCアワード(Honor Rollの襟章と盾)
Amateur Radio Station: JA7BAL in Hirosaki City.
2004年現在の私のシャックである。真空管式のトランシーバーはあまり使っていない。SB−2000のリニアアンプもほとんど使わなくなって、ベアフットで運用することが多くなった。

残すところのエンティティが片手となってしまったところで、悟りを開いたと言うところである。無線機にはあまり金を使わない。
30万円や100万円もする無線機を買ったところで、発射する電波に色が付いて、パイルアップに勝てるわけでもないので安い無線機で運用を続けている。定年まで後、8ヶ月となった今、毎日日曜日に備えたDXCCハンティングの方法を思案中である。

DXCCの襟章 ARRLが認めた現存エンティティと交信して、残り9エンティティとなった時点でオーナーロールとなるれるわけだが、その「Honor Roll」である証明として襟章と盾を有料で得ることができる。

 アマチュア無線のミーティングや大会などに参加する場合は、この襟章を衣服につけていれば花の「オーナーロール」であることがわかるのである。

 何かの機会に、このDXCCの襟章をつけているdアマチュア無線家を見かけたら、声をかけてやって欲しい。参考になるDX関係のアドバイスが得られること請け合いである。断っておくが、オーナーロールに該当した局でなければ購入することができないシステムとなっている。
DXCC 襟章 (Lapel pin)
W2cm×H3.5cm
Honor Roll の盾 このDXCCオーナーロールの盾は、壁に掛けたり、机の上に置いたりすることで飾っておける。自局の識別信号を彫ったプレートも付いてくるので、後日、自分で盾のプレートの所定の場所に貼り付けることになっている。

 しかし、あくまでも趣味のアマチュア無線でのDXCCに関するオーナーロールという名称であるから、オーナーロールとなったことでアマチュア無線関係の商売が有利だとか、特権が得られるということはない。趣味における名誉な称号だけなのである。趣味をどの程度まで極めたかの証だと思っていただければよい。

 従って、家族を犠牲にしてまでDXCCのオーナーロールとなる必要はない。とは言っても、一度は必ずDXCCという熱病にかかってしまうのが普通である。かく言う私もそうであった。それでも時期がくれば自然と治癒する熱病でもある。(^^;
DXCC 盾 (Plaque)
W18cm×H23cm
2016年7月1日にARRLのDXCCデスクからのクレジットスリップ(Credit Slip)が届いた。Mixedで339/354で#1オーナーロールのステッカーが同封されていたので、早速アワードの台紙に貼り付けた。

1978年12月20日にスタートしたDXCCは38年かけて完成したことになる。後は、PHONEの#1を狙いたい。

SSBは4エンティティ残っている。まだまだ上がりまでには遠いがあきらめないで挑戦し続けたいと思っている。

4U1UN,CY9,KP5,FR/Gの4EntitiesをSSBで交信できればOKなのである。
2016年8月18日に、No.1オーナーロールの襟章(ラペルピン)が送られてきた。同時に注文していた楯はまだ受領まで時間がかかるようである。そのため、とりあえず襟章だけでもと言う事で送ってきたようである。

P5/3Z9DX(DPRK)とK1N(Navassa)がオンエアしてDXCCにクレジットされたことで、#1Honor Rollが多数出現したため、楯や襟章の製造が間に合わないのであろう。いずれにしても、楯が到着したら襟章と共に仲間を呼んで魂入れをすることになる。
2016年8月30日

兼ねてからARRLに購入を申請していた楯が本日到着しました。丁度、二ヵ月ぶりぶりに受領することができました。2016年6月付で#1オーナーロールに登録されました。

ARRL DXCC/MIXEDの楯ですが#1オーナーロールには変わりありません。

DXCC/PHONEは残すところ3エンティティで#1ゲットとなっております。今回は、MIXEDで115ドル支払って、襟章と楯をゲットしましたが、いずれPHONEでもと思っております。

今後は、5バンドDXCCやWASのCW及び1042となったDXCC Challenge等を目標に頑張っていきたいと思っております。
2016年7月22日付けで、ARRL DXCCのCW部門のアワードを受領した。LoTWで申請したので2週間程度の期間で処理されていた。

手持ちの紙の交信証(QSLカード)とLoTWを併用してエンドーズメントすれば316エンティティぐらいになる。

しかし、MixedやPHONEの申請、WASやWPXの申請が続いたため、出費がかさんでいる。従って、来年になってからエンドーズしたいと思っている。
 これがDXCCアワードの電話部門(Phone)の賞状である。ほかにMixや電信(CW)部門、周波数別の部門が設定されている。
[Award Type]
MIXED,PHONE,CW,RTTY,
SATELLITE and
160m,80,40,20,15,10,6,2m,
5Band DXCC.

 Honor Rollのクラスは、全てのエンティティと交信した局に与えられる「Top of Honor Roll」と残り9Entityの局に与えられる「オーナーロール」の称号が用意されている。
DXCC AWARD (PHONE)
★最近取得したQSLカードへ ●その他のQSL ●Diamond DXCC Challenge

2回交信したエンティティのQSLカード 2009-12-14
第1回目のピーターT世島の交信証である。
1987年1月に14MHzの電信で交信した。
19年後の2006年2月に2回目の交信をした
ピーターT世島である。14MHzのSSBで交信。
一回目、2003年3月のDucie島で21メガの
SSBで交信したものである。
南太平洋のDucie島である。2回目は五年後
2008年2月に14メガのSSBで交信した。
日本人のアマチュア無線家によるSwains島で
2006年7月に18メガSSBで交信した。
2回目のSwains島のQSLである。2007年4月
に7MHzのSSBで交信した。
一回目は2003年4月に14MHzの電話で交信した
マルケサス島の交信証である。
二回目は2009年10月に10MHzの電信で交信
した。航空便でポーランドから11月27日に発送。
一回目は2000年10月に21MHzの電話で交信
したAustral島のQSLカードである。
二回目は2009年10月に7MHzの電信で交信した。
相手からの発送は11月27日であった。
●その他のQSL ★趣味のアマチュア無線 ●珍局のQSL ●津軽衆TOPへ